メディプロ&パートナー

・株式会社AshCreate

Ikko Nishimura

 

 

 

 

西村一光

株式会社アッシュクリエイト代表取締役

フォトグラファー/メディアプロダクション代表理事

【経歴】

早稲田大学教育学部卒業
都内の写真事務所でカメラアシスタントを経て2006年AshCreate設立
広告写真を中心に撮影をする傍ら、HasselbladやBroncolorなどのカメラメーカーのワークショップの講師を勤める。
日本人で7人しかいないHasselblad Ambassadorに認定されている。
クールな作風で特に高級ブランド品等の撮影を得意としている。

【主な過去の実績】

・エディトリアル

週間アスキー、WWD JAPAN、TVガイド(東京ニュース通信社)、NYLON、TV FAN、韓国TVドラマ、BS FAN、excite、ぴあMOOK、朝日新聞

・広告関連

日本生命、TSUTAYA、Panasonic、カネボウ化粧品、東京消防庁、スズキ、大塚製薬、ワコール、ジャパネットたかた、ソフトバンクモバイル、大成建設、RIZAP、東急スポーツオアシス、ポニーキャニオン、Lipton、デロンギ・ジャパン

・ファッション

New Balance、YONEX、イトキン株式会社、Globe-Trotter、TINKERBELL、ASOOM

・TV

行列のできる法律相談所、SKE48のマジカルラジオ、SKE48のエビフライデーナイト、メグたんって魔法つかえるの?

・ワークショップ

Hasselblad Japan、アガイ商事(Broncolor代理店)、銀一スタジオショップ

・エンジェルオーク/吉田秀樹写真美術研究所/: Space Time Design Studio,Inc. 

代表取締役/CEO/

吉田 秀樹

フォトグラファー/ビジュアルディレクター/メディアプロダクション専務理事

1969年 茨城県生まれ。

武蔵野美術大学で空間演出デザインを学び、ディスプレイデザインを専攻する。

卒業後、空間デザイナーとして株式会社丹青社へ入社し、飲食物販などの商業施設空間

アミューズメント施設、リゾート開発デザインの分野で活躍。

デザイナー時代、知人から写真の暗室機材を譲り受けることになり、25歳で人生最初の一眼レフ カメラを購入。自宅アパートを暗室に改造し、手焼きのモノクロプリントに熱中。5年半で会社 を辞め

アメリカニューヨークへ渡米、写真家を志す。

渡米後、舞台美術制作の仕事で生計を立てながら、独学で写真の勉強を続け、繊研新聞の記事撮 影などの仕事に携わる。

CM撮影の美術を担当した時に出会ったプロデューサーの紹介で、フリーのフォトアシスタント となり、広告写真の分野へ進む。

故宮本敬文氏と出会い、Whisky Studioにパートタイム勤務を始め、日本のプロダクション広告撮影に多く携わるようになる。

プロダクションコーディーネーター伝手にブツ撮りフォトグラファー池尻貴重氏からスカウトを受け

ブツ撮り広告の分野へ進む。

その後直ぐ写真と空間デザインの適合を視野に、Space Time Design Studio,Inc.を設立し、同時期にブツ撮りの世界的な巨匠フォトグラファーの KENJI TOMA氏からのスカウトを受け、師事する。

ワールドキャンペーンなどハイエンドブランドなどの広告撮影の現場で経験を積み

フォトアシスタントだけではなく、フォトレタッチャー、セットデザイナーとしても活躍する。

3年後、現代アートへの進路変更を考えたが、独立直後の最初の仕事でラグジュアリージュエリーブランドのDiModoloのワールドキャンペーンを手がけることになり

その後もニューヨークやスペインのファッション誌のカバー写真に連続で選ばれ、

ニューヨーク、東京、ロンドンのフォト グラファーエージェンシー(事務所)と契約しファッションやビューティーを中心とした広告写真のビジネスをスタートさせる。

アシスタント時代の同僚とユニットを組み、Duo Photographer SHUN+HIDEKIとして活動を

開始、同時にもう一人の同僚TOMOIとフォトレタッチを主とするポストプロダクションカンパニーを設立、ニューヨークにスタジオを構え、ワールドワイドで活躍する。

2009年、東京での初個展で写真の和紙プリントによる屏風作品展、2010年の2度目の個展

Voyage Through Infinity をきっかけに念願であった現代アートに分野での活動を始める。

その後も、生命と時間と空間における巡り合わせ、偶発的または必然的なものの普遍的関係性をテーマにした作品Voyage Through Infinityシリーズを軸にグループ展やギャラリーセレクトで

アートフェアへの作品出品発表も続け、武者小路千家の献茶式の副席会場のアートコレクションにも選ばれるなど、スペシャルイベントでの活躍もある。

2011年、ニューヨークの広告写真のビジネスチームを解散し、ジャンルにこだわらない個人の

創作活動をメインに切り替え、フラワーデコレーションやディスプレイデザインなどの前職のキャリアを生かした創作活動も開始。

写真家活動では、広告写真から一般個人に向けたパーソナルな 撮影、日本のカルチャーにフューチャーした内容のポートレイト(流鏑馬射手シリーズなど)やアカデミックな内容を目的とした撮影(野菜百選など)コンセプチュアルなブツ撮り撮影(紙遊び・影遊び・シリーズなど)などに多く取り組み始める。

2017年、東京を活動の拠点とし吉田秀樹写真美術研究所

(HIDEKI YOSHIDA ARTandPHOTOGRAPHY) を主宰。

絵画やインスタレーションとして捉える写真の取り組み方について考えを深め

空間インスタレー ション作品としての写真作品が成り立つ世界観表現の追求を目標として活動を始める。

2019年、写真家としての実績と視点や活動範囲のユニークさがかわれ、東京ミッドタウン日比谷の VMDディスプレイデザインのデザイナー/ディレクターに異例の抜擢で年間プロジェクトを担当。

事業範囲が拡大していくことを確信し、エンジェルオーク株式会社を設立。

Artist/Photographer/Directorとして、現代美術、写真、空間演出デザインの分野で

個人での活躍も続けている。

吉田秀樹: エンジェルオーク株式会社 代表取締役 (ANGEL-OAK Co, Ltd.)

吉田秀樹写真美術研究所 主宰

Artist/Photographer/Director (HIDEKI YOSHIDA Art and Photography)

・Space Time Design Studio, Inc. (New York 法人) CEO

・W inc. (フォトグラファーマネージメント)

所属 略歴

1991 武蔵野美術大学短期大学部デザイン科空間演出デザイン専攻卒業

1991 株式会社丹青社入社、デザイナー職、商業空間、アミューズメント、リゾート開発

1993 日本コマーシャルスペースデザイン賞アミューズメント部門入選、

1993 日本商業 施設空間デザイン年鑑に掲載

1996 株式会社丹青社を退社し、ニューヨークへ渡米

1997 Akiology,Inc勤務、舞台美術、撮影美術の職につき、独学で写真を続ける

1997 繊研新聞のニューヨークのトレンドショップの撮影と記事を担当

1998 Whisky Studio 勤務

2000 Space Time Design Studio, Incを設立

    ニューヨークにて空間デザインと写真ビジネスを開始

2000 Kenji Toma Studio 勤務。

    フォトアシスタントとしてワールドキャンペーンなどの撮 影を数多く経験し

    フォトレタッチャー、セットデザイナーとしても活躍する

2003 Todd Street Productions 勤務。CGグラフィック、アニメーションの仕事に携わる

2003 広告写真家として独立、ラグジュアリージュエリーブランドのDiMODOLOの

    ワール ドキャンペーンを獲得 2004 Duo Photographer SHUN+HIDEKIを結成。

    エージェントOliverpiroに所属

2004 自社のSpace Time Design Studio, Incにデジタル部門を設置し、

    フォトレタッチの ポストプロダクション事業を開始、フォトレタッチャーの育成を含め、

    後のPANZIA,Inc.独立 をサポート。

2005 Dooney & Bourkeなどの全米キャンペーンを獲得

2005 東京での活動を開始。老舗のエージェントFEMME Management Produceに所属

2005 LONDONのエージェントと契約しヨーロッパでの活動を開始

2005 ニューヨークのエージェントをFrank.Managementへ移籍。

    Neiman Marcus、Bloomingdalesなどのメジャーデパートのキャンペーンを獲得

2007 上海のエージェントと契約し、アジア圏の活動を開始

2009 東京の酉福(ゆうふく)ギャラリーにて初個展「写真、屏風」を開催

2010 同ギャラリーにて 2回目の個展「Voyage Through infinity」を開催

2011 Dou Photographer活動、コマーシャールフォトビジネスチームを解散し

    現代アー トの活動を展開、酉福ギャラリーのコレクションで海外のアートフェア出品を

    中心に活動開始

2011 資生堂トップメイクアップアーティストの岡元美也子氏と一般女性の為の

    ビューティー撮影プレゼントプロジェクトをスタートさせ、

    同年3月11日に起こった東日本大震 災の被災者へのプレゼント企画という形に企画が

    移行し他薦で被災者でありながらボラン ティア活動で頑張る女性達のビューティー撮影を行う

2012 資生堂による東北のミューズたち展が仙台で開催され、被災者でありながら

    ボランティア活動で頑張る女性達のビューティーポートレイトを展示、

    その後、東京、大阪、パリ と巡回展となる

2014 武者小路千家の献茶式(三重県椿大神社)副席のアートコレクションに作品が選出

2016 活動拠点を東京へ移し、エージェントW Manegemntに所属、広告写真業を再開

    伊勢丹のJAPAN SENSESキャンペーン、コスメティックコレクションなどの

    レギュラーに返り 咲き、銀座三越の懸垂幕広告などを手がける

2017 帰国、吉田秀樹写真美術研究所を主宰

2017 東京ADC賞で「北海道伊達野菜百選」が入選、年鑑に掲載

2018 2018Miss Earth Japan 福島大会の事務局ディレクター/統括コーチとして参加

2019 東京ミッドタウン日比谷のVMDディスプレイディレクター/デザイナー年間契約獲得

2019 2020Miss Earth Japan 東京埼玉大会の事務局ディレクター/アドバイザーとして参加

2019 エンジェルオーク株式会社を設立。

 

Award 受賞

2017 Tokyo ADC Award “Selection of 100 vegetables, Date-shi, Hokkaido”

2007 Advertising Magazine Award Grand Prize “Yoshinoya 100 years Anniversary + HIDEKI MATSUI (Former New York Yankees Baseball player)”

1993 Annual of Space Design Japan

1993 Japan Commercial Space Design Award “Takara-Jima Amusement Park” Exhibitions : 展覧会 Solo 個展 2013~2019 permanent Hyakufuku Garden (Kyoto,Japan)

2014 Takeo Miki (Former Prime Minister of Japan) memorial hall (Tokyo, Japan) “ Suijinn (The god of water)”

2011 Yufuku Gallery (Tokyo, Japan)  「Voyage Through Infinity II」

2010 Yufuku Gallery (Tokyo, Japan)  「Voyage Through Infinity」

2009 Yufuku Gallery (Tokyo, Japan)  「Photograph Folding Screen」

 

Group グループ展

2019 Musabi-ten(Musashino Art University, Tokyo, Japan)

2015 Gallery MC (New York, NY)

2014 Tsubaki Shrine (Mie, Japan) The Special Japanese Tea Ceremony by Mushanokouji Senke

2013 The Aoyama Spiral Garden (Tokyo, Japan)

2012 Resobox Gallery (Long Island City, NY)

2010 Kodak Photo Salon Gallery (Tokyo, Japan)

2008 Vente Aux Encheres Photograhes D’Art (Monaco)

2005 Parco Gallery (Tokyo, Japan) 2005 Take Home a Nude / The New York Academy of Art (New York, NY) Art Fairs 海外アートフェア

2016 The Art silicon valley, Yufuku Gallery (US)

2016 The Art Stage Singapore, Yufuku Gallery (Singapore)

2015 Art Miami, Yufuku Gallery (US) 2015 The Art Stage Singapore, Yufuku Gallery (Singapore)

2014 Art Miami, Yufuku Gallery (US)

2010 Collect, Yufuku Gallery (UK) Special Interview / Selected Interview: インタビュー記事 Article

2018 Tokyo Fashion Edge Magazine (Japan)

2011 Commercial Photo Magazine (Japan)

2007 Neo2 Magazine (Spain)

2006 Directors Magazine (Japan) 2005 So-En Magazine (Japan)

2005 Commercial Photo Magazine (Japan)

 

Clients:主なクライアント Advertising

広告

Neiman Marcus / Bloomingdales / Dooney & Bourke / Mattel / Di Modolo / Mikimoto / Boucheron / Van Cleef & Arpels / Chanel / Clinique / Helena Rubinstein / Paul & Joe / L’Oreal / SKII / Max Factor / Shiseido / KOSE / ALBION / Burberry / Mary Quant / Wacoal / Gunze / Crombie / / B+AB / Callaway Golf / Aquagirl / Modify / ABAHOUSE / 5351 LES FEMME / ELLE Costumes / THE SUITCOMPANY / ANAYI / WORLD / Platinum Guild International / Park Hyatt Tokyo / The Westin Tokyo / TAKAMI BRIDAL / Isetan Mitsukoshi / Takashimaya / Estnation / KIRIN Tropicana / Haagen-Dazs / Yoshinoya / Victor Music / Konami / TOSHIBA / SHOCHIKU / HISAMITSU / ゆうパック/ 大日本弓馬会 / 日本タンナーズ協会 / 北海道伊達市 / 函館未来大学 etc. Magazines 雑誌 Vogue / ELLE / ELLE Girl / Marie Claire / Harpers Bazaar / New York Magazine / Bride’s Magazine / TIME OUT / SOMA / Neo2 / Style Monte Carlo / PAP / ZINK / Egg / Push it / FIGARO / SPUR / Pen / Nylon / Surface / Egg / Push it / GLAMAUROUS / eclat / Grazia / Switch / BARFOUT! / UOMO / Leon / Mens non-no / Mens Joker / Takashimaya Salon etc. Celebrities

 

タレント

Heyden Panettiere / Emma Roberts / 綾瀬はるか / 中谷美紀 / 松任谷由実 / 草刈民代 / 中島朋子 / 田中麗奈 / 川口春奈 / 岸本セシル / 黒田エイミ / 長谷川潤 / 松浦亜弥 / 木村カエラ / 南明奈 / スザンヌ / LINA(MAX) / Liv Moon / 松井秀喜 / 高橋克典 / 田辺誠一 / 成宮寛貴 / 奥田民生 / 松本潤(嵐) / 櫻井翔(嵐)/ KAT-TUN / NEWS / etc.

 

Display Design & Decoration  ディスプレイ業

Tokyo: YOKU MOKU Tokyo Midtown Hibiya New York : Royalton New York Hotel (New York) Ace Hotel / Stumpton Coffee (New York) Nomo Soho Hotel (New York) EN Japanese Brasserie (New York) Sushi Yasuda (New York) etc.

・株式会社emir  heart 、株式会社FUKUROU 、国際映像製作スタジオNOMA  代表取締役/代表

映像プロデューサー/メディアプロダクション常務理事

恵水流生 EMI RYUSEI

HISTORY 映画:2019『MARON』 2018  『discommunication』 『カンヌでえみさんにあいました』 2016『FEMME FATALE』 2013『池袋ヤンキー戦争』 『六本木ヤンキー戦争』 『ふたりエッチ』シリーズ 2010 園子温監督『恋の罪』『セカンドヴァージン』 TV : 2016NHK BS『英雄たちの選択』坂本龍馬役 2014NHK『軍師官兵衛』 NHK『途中下車』 2010〜CX月9『月の恋人』以後CX月9木10ドラマに多数出演 CM PV : 2019 ぐるなびアプリイマノモ! 東宝ハウス CELM ジョージアコーヒーCM 三協リール スマートグラスPV 2018 HONDA Motorcycle Japan CM Imperial Brands CM Choice Hotels PV 大國魂神社七五三 2015 LACCO TOWER『葡萄』PV 松屋銀座Web CM 2012スルガ銀行ダイレクトワンCM 2011HONDA店頭PV Yahoo! JAPAN 神門『信信』PV 舞台 : 2008より10本以上の舞台出演

Fire of the Sun」 NYの,サウンド&ビジョン国際映画祭で最高賞を受賞

・株式会社ブレーン

佐藤広志

CMプランナー/メディアプロダクション理事

株式会社BeyondZero

WEBデザイナー /株式会社BeyondZero 代表取締役/メディアプロダクション理事

藤倉 丈壽

1976年生まれ 京都の美術短期大学卒業後、 イラストレーターとして活動している途中でロンドンに留学 海外から逆輸入のイラストレーターを目指して営業をかけると日英混合パンクバンドの CDジャケットを書く事になりそのバンドのサポートギターとしてヨーロッパツアーに ついていく事になるその後1年間バントのサポートギターとしてヨーロッパのフェスや 各国のステージに上がることに。 日本に帰国後イラストの活動を続けバンド系のTシャツア、ルバムジャケットやMVの 制作をするが突然熱が冷めてしまい、エンタメ系ウェブ制作会社にデザイナーとして 入社し映画サイトやブログ用デザイン等を手掛ける。 その後リクナビメインの制作会社にディレクターとして入社することになり ホンダカーズ千葉エリア、Jaicaの等ナショナルブランドの採用サイト、 オフィシャルウェブサイトの更新を受け持つ。 その後独立しフリーランスとして色々な業種の悩みを聞き解消する為のウェブ制作をしつつや 様々な立場で色んなプロジェクトに関わり景品デザイン、インタビュー動画 グラフィックデザイン等のニーズを幅広く担当することになる。 その後株式会社Beyondzeroとして法人化し、現在に至る。

 

・ミュージックシティプロモーション株式会社

 

 

 

ミュージックシティプロモーション株式会社 代表取締役/メディアプロダクション理事

タケオ リアル

【経歴】 群馬県高崎市出身 バンドの代表であり、ボーカル、ピアノ、司会進行を担当。 日本では数少ないレイチャールズやエルトンジョン,ジェリーリールイスのスタイルを踏襲した 本格派ピアノマン。 ☆タカサキシティバンド あらゆる状況に応じてフレキシブルな老若男女楽しめる音楽エンターテイメントパフォーマンス を各地で実践中。飲食店やイベント、地域社会を活性化させ芸術文化の地位向上、生演奏文化の 需要拡大に尽力中。年間300本近いライブを行うプロミュージシャン集団 ☆音楽ジャンル  Swing、Jazz、R&B、Rock’n’Roll etc… 古くは、石原裕次郎や美空ひばりなど昭和のアーティスト達がヒットさせた伝統的歌謡曲。 エルビス・プレスリー、ザ・ビートルズ、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーらが生み出した 現在も歌い継がれる幅広い洋楽のスタンダード曲。 そしてMr.childrenやDreams come trueなどJ-POPの楽曲から映画音楽に至るまで、 ジャズやR&Bに根差したキャッチーなアレンジを施して、このバンドでしか聴けないオ ンリーワンなアンサンブルを、楽しいステージパフォーマンスとともに奏でます。

・ナレーターズユニオン

 

 

 

ナレーターズユニオン 代表/メディアプロダクション理事

澤田 賢一郎(サワケン) 

【経歴】 声というのは、現状はそれだけで一つの商品として成立させることが難しいジャンルのもの になっています。映像、音、文字などなど・・・様々なものと合わせないと一般の方々に なかなか届けられない。 だからこそ「他業種の方々と共に何かを作ったり表現したりできる」ナレーションの仕事を 天職と考えています。必要としてくださる多くの方々と協力し合って、画面の中の映像に 惹き込まれるほどの臨場感や、青空に向かって心が弾むような躍動感を表現することで、 全ての人々の役に立つモノを作り貢献して参ります 何故ナレーターになろうと思ったの?と聞かれますが、もともと私は声優になろうと 思い上京して、声優のよこざわけい子氏が代表を務める「ゆーりんプロ」へ所属したのが 声の仕事を始めた最初でした。 キッカケは、中学生の頃の修学旅行にプログラムとして組み込まれていた職場体験で、 声優になりたいという夢を持った友人が班にいたことから「代々木アニメーション学院」さんを 訪問させていただいた時、わざわざプロの声優さんをお話する機会を用意してくださったんですよ そこでお話させていただいた女性声優さんが、当時の僕の目からは物凄くキラキラと 輝いているように見えまして、そのオーラに感化されてしまったのが失敗の始まりと言いますか そこから、今は無き声優養成所の老舗「勝田声優学院」の門を叩くことで、僕の声の仕事への 第一歩がスタートしたわけです。 その後は養成所や事務所に入ったりしながら、声優のみならず、俳優としての舞台・TV・映画出演 も経験させていただくなど、幅広い分野での活動を経験し、2015年11月より フリーランスのナレーターとして独立。 番組、CM、VPなどの 「ナレーション」 から、eスポーツや格闘技の 「リングアナ」 アニメーションやボイスオーバー等の 「セリフ」 ものや 「MC」 と、声に関することの 大半を一通り経験しましたね。 やってみて分かったのは、この声の業界で食っていくということ、めっちゃくちゃ 大変なんだなということでした。 2017年11月に芸能事務所とも違う、キャスティング会社でもない 【フリーナレーターズユニオン】 という新しい形のものを立ち上げまして、業界の5割以上の人間が最低限の生活をできるような 環境を作るということを同業者向けのミッションに掲げて活動している現在です。

・株式会社読売群馬広告社

営業部長/メディアプロダクション理事

小池 隆介

Mikke

 

 

 

Mikke(みっけ) 代表 フリーアナウンサー/メディアプロダクション監査

久林 純子

【経歴】 二男一女の三児の母でフリーアナウンサーとして朗読ステージ、司会、MC・ナレーション などを行う。高崎経済大学、新島学園短期大学非常勤講師。 一般社団法人日本朗読検定協会認定プロフェッサー 朗読・コミュニケーション講師として、企業研修や自治体、個人向けに幅広く活動。 電子出版『運気アップのコミュニケーション術』『朗読がくれたおくりもの』他 朗読CD『夢の世界・子どもの領分』、   『いま、山村暮鳥』 日本旅のペンクラブ会員。一般旅行業務取扱主任者、ミセスワイン群馬大会2018グランプリ ファイナンシャルプランナー3級、薬膳コーディネータ- 発酵食スペシャリスト キンドル出版 著者としての実績を獲得し、仕事へのブランディングに活かします。 そして、アマゾンランキング1位獲得までプロデュースすることで、実績を信頼にし あなたの商品を伝えるお手伝いをします。 人の本気がぶつかり合う、本気丸出しラジオ局「ホンマルラジオ」。 愛媛県松山市を本社に全国55局ネットで展開し、各県1局以上の開局を目指しています。 今回、待望の群馬開局となります。オンエア素材が半永久的に残り、40万アクセスと言う 実績を武器に、地域密着の情報をお届けしていきます。 地域貢献やビジネスユースの新たな放送局として、様々な可能性を秘めいています。 本気の人を応援する「ホンマルラジオ群馬」開局にあたり、協賛企業や賛助会員、 パーソナリティーを募集 国立博物館主催 縄文時代展シンポジウム 高崎市文化協会主催 高崎市民文化フェスティバル NPO法人群馬三曲主催 三曲邦楽の祭典  群馬県主催 東国文化まつり・上野国分寺まつり  上毛新聞社主催 新年を祝う会          群馬県陸上協会主催 ヤマダ電機杯 小学生駅伝  高崎美スタイルマラソン 総合司会 群馬県和太鼓会主催 創立記念演奏会 前橋まちなか音楽祭 ジャズコンサート司会   *他、行政、企業、文化、スポーツ、ステージ 各分野多数

坪内特許事務所

 

 

パートナー

 

・株式会社ACW-Deep

山口 聡(やまぐち さとし)

90年代、日立系企業にて業務用フライトシミュレータを開発しながら、CG技術のイロハを学ぶ。その後、97年に(株)IMAGICA入社。モーションコントロールカメラシステムMILOを担当し、映画、CMなどの実写とCGとの合成に携わる。2000年にMILO用プリビズシステムMILOBOTを開発。2005年よりMILOBOTを汎用プリビズシステムに改良し、リアルタイムプリビズとして運用開始。映画やCMでプリビズ作業を担当。2011年末(株)IMAGICA退職。

Previs Society Asia 代表理事
米国Previs Society Professional会員
米国Visual Effect Society 会員
中央工科デザイン専門学校 3DCG講師

響 -HIBIKI-

月川翔 監督作品
製作:東宝映画
配給:東宝
2018年9月14日公開

Hibiki

センセイ君主

月川翔 監督作品
製作:東宝映画
配給:東宝
2018年8月1日公開

Sensei_Kunsyu

銀魂

福田雄一 監督作品
製作:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
2017年7月14日公開

Gintama

ブルーハーツが聞こえる

下山天 監督作品「人にやさしく」
製作:
配給:ティージョイ
2017年4月8日公開

BH_kikoeru

天空の蜂

堤幸彦 監督作品
製作:オフィスクレッシェンド
配給:松竹
2015年9月12日公開

Tenku no Hachi

進撃の巨人

樋口真嗣 監督作品
製作:東宝映画
配給:東宝
前編:2015年8月1日公開
後編:2015年9月19日公開

Attack on Titans

Present For You

臺佳彦 監督作品
製作:PLUS heads
配給:PLUS heads
2015年2月7日公開

Present For You

ジョーカーゲーム

入江悠 監督作品
製作:「ジョーカー・ゲーム」製作委員会
配給:東宝
2015年1月31日公開

ジョーカー・ゲーム

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

柴崎貴行 監督作品
製作:「ドライブ&鎧武」製作委員会
配給:東映
2014年12月13日公開

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

ルパン三世

北村龍平 監督作品
製作:「ルパン三世」製作委員会
配給:東宝
2014年8月30日公開

ルパン三世

魔女の宅急便

清水崇 監督作品
製作:「魔女の宅急便」フィルムパートナーズ
配給:東映
2014年3月1日公開

魔女の宅急便

小さいおうち

山田洋次 監督作品
製作:松竹
配給:松竹
2014年1月25日公開

小さいおうち

めめめのくらげ

村上隆 監督作品
製作:カイカイキキ
配給:ギャガ
2013年4月26日公開

めめめのくらげ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

庵野秀明 監督作品
製作:スタジオカラー
配給:ティ・ジョイ/カラー
2012年11月17日公開

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

のぼうの城

犬童一心、樋口監督作品
製作:『のぼうの城』フィルムパートナーズ
配給:東宝 /アスミック・エース
2012年11月2日公開

のぼうの城

ファイナルジャッジメント

浜本正機監督作品
製作:幸福の科学出版
配給:日活
2012年6月2日公開

ファイナルジャッジメント

はやぶさ 遥かなる帰還

瀧本智行監督作品
製作:「はやぶさ 遥かなる帰還」製作委員会
配給:東映
2012年2月11日公開

はやぶさ 遥かなる帰還

聯合艦隊司令長官 山本五十六

成島出監督作品
製作:「山本五十六」製作委員会
配給:東映
2011年12月23日公開

聯合艦隊司令長官 山本五十六

 

・秘密結社K

・株式会社 Forsicore   

BC-STYLE

・株式会社 ATTRICE   

・CATALYST合同会社

・株式会社 未来社         

・アルファー企画

PAGE TOP